スキンケアに健康な肌は欠かせない!誰でも美肌プロジェクト!【ポーセーヌ】

【キレイ肌に差をつける!】美肌に必須な成分はこの3点!

綺麗な肌を保つには、スキンケアが重要と言われています。
洗顔ではゴシゴシ洗いはNGですし、すすぎ残しも駄目なんだとか。キレイな肌をつくるには、基盤となる洗い方を知ることも重要です。
また、肌を構成する成分を取り入れたり、バランスの良い食生活も肌の状態をベストにするためには必要とされています。

  • 乾燥が始まったら試してみて

    乾燥が始まったら試してみて

    セラミドが不足すると肌荒れなどにハリが衰え、シワなどの原因にもなるため、乾燥していると思ったら基礎化粧品からの補給がおススメ!

  • 病気の予防にも最適な成分

    病気の予防にも最適な成分

    体内の皮膚や軟骨に存在しているコンドロイチンは、減少すると病気を発症させる可能性が。スキンケアだけでなく医薬品としても大注目!

  • 強い美白作用が魅力

    強い美白作用が魅力

    紫外線などで生成されるシミ・そばかすなど、肌の敵。そんなシミを抑えるハイドロキシンは美肌の味方!しかし、効果が強すぎる難点も・・・。

 
 

セラミドは、天然・合成・合成疑似の3種類に分けることができるとされているそうですが、基礎化粧品に使われる殆どが合成なんだとか。

また、最近ではアトピー性皮膚炎の原因の一つがセラミド不足が関係していたことが判明し、アトピー性皮膚炎の治療などにも用いられているようです。肌が乾燥していたらセラミド不足かも・・・?

【肌のために摂り入れたい〜キレイ肌の作り方】

乳児や子供の肌のようにスベスベお肌を取り戻したいと思っている人も多いようです。
肌の状態は乳児の時期がもっとも良質とされており、加齢とともに肌の状態は衰えてくるそうです。

人間の肌は細胞内で新陳代謝が行われており、古い角質から新しい角質に生まれ変わっているんだとか。この働きをターンオーバーと呼ぶそうです。
肌はもともと水分や皮脂の保持など、環境の変化に適応して常に最適な状態に保つ働きを本能として備えているため、再生機能だけでも肌をベストな状態に保つことができるんだそうです。

しかし、肌はスキンケアを怠るとトラブルを起こしやすい部位でもあるとされています。
コラーゲンやヒアルロン酸など皮膚を構成する物質が欠乏すると、新しい皮膚の再生に悪影響が現れたり、極度の乾燥・過剰な皮脂分泌などが起こると、ニキビや肌荒れに繋がる可能性があるようです。
そのため肌の状態を整えるスキンケアは、女性や男性から注目されているそうです。

乾燥し始めたらセラミド不足も・・・

セラミドとは、表皮の角質層、細胞同士の間に存在するスフィンゴ脂質のことを指し、約5割を占めていると言われています。
セラミドの持つ脂質成分は、外界からの刺激や物質からの攻撃を防ぐ防御機能や水分を維持する働きがあり、肌の状態をみずみずしく保つそうです。

また、肌荒れや乾燥の予防・改善、美肌・美白の促進に効果があると期待されているのですが、紫外線や年齢を重ねるたびに徐々に減少するため、乾燥や肌荒れを助長したり、シワなどの原因になることも・・・。
肌の乾燥などが目立ってきたら、セラミド不足も考えられるようなので、保湿効果に優れたセラミド配合の基礎化粧水を使用すると良いそうです。

健康維持に必須の成分・コンドロイチン

コンドロイチンは、皮膚や軟骨を形成する成分と言われています。体内でたんぱく質と結合する作用を持ち、軟骨などに多く含まれているようです。
肌の水分量と関係している成分で、スキンケアとして働くだけでなく、近年では関節痛を治療するための医薬品として医療施設でも使われているそうです。

コンドロイチンは、年齢の増加などにより生成される量が減少し、皮膚や軟骨組織内から無くなる傾向にあるそうです。
肌に含まれているコンドロイチンが減少すると肌の潤いやハリが減少し、軟骨組織内から減ってしまうと軟骨がすり減って炎症を起こし、痛みを引き起こす原因となるそうです。

また、コンドロイチンは、納豆や長いも、ウナギなどに含まれているのですが、含有量はそこまで高くないそうです。
スキンケアを目的としたコンドロイチン摂取なら、コンビニやスーパーなどで販売されているサプリメントがおススメですが、関節痛の緩和や予防のために用いるなら、コンドロイチン成分が豊富に含有された医薬品の方が効果的だと思われます。

コンドロイチンについて詳しく紹介しているサイトがありましたので、興味のある方は一度ご覧になってみてください。

【コンドロイチンの働き】健康な皮膚と軟骨作りに欠かせない!

皮膚や軟骨に存在し、潤いなどを与えているコンドロイチンが減少すると、肌の状態が悪くなったり、関節痛になることも・・・。肌も軟骨も健康に保ちたいならコンドロイチンがおススメです!

肌を美白にする成分!ハイドロキノン

ハイドロキノンとは、美白効果の高い医薬品のことで、別名「肌の美白剤」、または「肌の漂白剤」と呼ばれているそうです。
ハイドロキノンは、シミやシワを作り出すメラニン色素を生成する酵素“チロシナーゼ”の作用を抑制し、メラニン色素をつくりだす細胞“メラノサイト”の量を減少させる働きがあるからなんだとか。

また、ハイドロキシンは既に出来てしまっているシミなどにも効果があるとされ、肌につけると段々と薄くなっていき、再度つくられるのを予防することができるそうです。
他のメラニン抑制物質では、既に出来ているシミなどを消し去る効果まではないため、ハイドロキシンが肌の美白剤と呼ばれているのは強い抑制作用にあるようです。

しかし、ハイドロキシンの強力な美白作用は、使用量や方法を間違えれば肌に異常をきたすことになってしまうようです。医師に処方してもらう場合、市販薬を使用する場合ともに、用量・用法をしっかりと守って使用することが大事だそうです。

  • <スキンケアの基礎知識>肌の仕組み・肌質・クレンジング使い方・化粧水・乳液・紫外線
  • <スキントラブルチェック>乾燥肌・しわ・しみ・そばかす・ニキビ・毛穴・たるみ
  • <スキンケアに必須・役立つ栄養素>タンパク質・ビタミン・ミネラル・コラーゲン・コエンザイム
  • <スキンケアコラム>風呂で綺麗・アトピー性皮膚炎・新陳代謝