スキンケアに健康な肌は欠かせない!誰でも美肌プロジェクト!【ポーセーヌ】
お風呂,バス

毎日のお風呂で気持ちよく綺麗になる!

みなさんは毎日お風呂に入っていますか?シャワーだけで浴槽に入らないという人も多いかもしれませんが、浴槽でシッカリ暖まることで美肌に近づくことができるかもしれませんよ。
毎日のバスタイムで肌力アップに努めましょう!

お風呂が肌に与える影響とは?

女性ではお風呂が嫌いという人は少ないと思います。

私もワンルームのマンションに住んでいた時は脚を伸ばせない湯船でしたが、湯船に入ってリラックスすることで一日の疲れを癒していました。

スキンケアは顔だけですか?

スキンケアと言われて真っ先に浮かぶのは顔だと思いますが、体の肌を綺麗にするのもスキンケアですよね。

シャワーだけで済ましている人も多いと思いますが、体の汚れを優しく落とすためには、湯船に浸かって体を暖め、毛穴を開かせることが必要です。

もちろん体が温まることで、顔の毛穴も開いて洗顔力も上がります!

冷え性改善に効果的! でも基礎代謝力は……?

「毎日の半身浴で基礎代謝力を上げて簡単ダイエット!」なんて話を聞きますが、半身浴で汗をかいたとしても、基礎代謝力が上がるわけではないそうです。基礎代謝力を上げるためには、軽い運動が最適とされております。

しかし冷え性の改善などには半身浴は効果的であり、冷え性が改善されることで落ちていた基礎代謝力が回復するということは考えられます。

基礎代謝力が落ちている場合は、血行が悪いために肌の新陳代謝に必要とする栄養が十分に行き渡らないので、正しいターンオーバーが行われず、肌トラブルの原因となってしまいます。

汗をかきづらい人が増えています!

汗は体温調整を行うために欠かせないものです。しかし近年では夏の暑い日でもクーラーが効いた部屋の中で過ごすことが多く、特に運動をしていない人では汗をかかない人が増えているそうです。

顔に汗をかかないことは、メイク崩れなどの心配もなく羨ましく思ってしまうのですが、汗は皮脂と混ざることで肌をバリアする効果があり、汗をかきづらいことは肌トラブルを招いてしまいます。

半身浴を続けることで、血行が良くなり汗をかく訓練になりますので定期的な運動と合わせて、汗をかける健康的な肌になりましょう。

乾燥肌の人は注意! 熱すぎるお湯は乾燥を早める!?

熱いお湯に入るとお風呂上りがサッパリしますけど、体の脂分を取り過ぎてしまうため、乾燥肌が酷くなる場合があります。

では乾燥肌の人はお風呂には入らない方が良いのでしょうか?というと、そんなことは無く、乾燥肌の原因に血行不全による肌への栄養不足が考えられるので、適温かヌル目のお風呂での半身浴が良いとされております。

もちろんお風呂上りにはスキンケアを忘れないことが、乾燥を防ぐためには大切なことです。

リラックスとマッサージで思い込み美肌!

プラシーボ効果はみなさんご存知だと思いますが、簡単に言うと効果が有ると思うことで実際に効力がアップするということです。

お風呂で綺麗になるということは、血行改善や肌の汚れを落とす、リラックス効果により質の高い睡眠を得ることが出来る。などの部分が大きくなりますが、さらにゆっくりお風呂に入りながら、リフトアップマッサージやリンパマッサージを、強くこすらずに優しい力でゆっくりすることで確実に肌は綺麗になります!

そして大切なのは「これで綺麗になる!」と思いながら続けることです。たった1日で綺麗になれる訳はありませんからね。

起きている時にスッピンでいられるお風呂だからこそ、自分の肌の状態を観察することもできますよね。

アロマオイルや入浴剤など、バスタイムを楽しく過ごすアイテムをみつけることで、リラックス効果が上がり、さらなる美白効果が期待できますよ。

リラックスできるバスタイムを心がける

せっかくお風呂に入るのですから、気持ち良く過ごしたいものです。自宅のお風呂はもちろん美白・美肌効果のある温泉などでも同様に正しいお風呂の入り方が大切です。

お風呂の適温て? ヌルめのお風呂って何度なの?

人によって好みの温度は違いますよね。体温も人によって違いますので、一概に適温が何度とは言いづらいのですが、体温プラス5度を上限と考えていただければと思います。

平均的な平熱が36度とされておりますので、41度を上限とし42度では少し熱すぎると考えられます。

半身浴は体への負担が少なく、全身浴よりも長い時間お風呂に入ることができます。その場合は38度から40度の普段よりもヌル目のお風呂に入るようにしましょう。

お風呂に入る時間は?

あまりにも気持ち良くて長湯しがちになってしまいますが、長時間の入浴は暖まった血液により、のぼせてしまったり頭痛や立ちくらみによる転倒などの原因となります。

全身浴の場合には温度にもよりますが、10分から15分程度の入浴時間が最適とされております。

ぬる目の半身浴でも30分を目安とし、長くても45分ぐらいに留めておきましょう。

総合的な美白を目指す!

「〇〇だけで美肌になる!」ということはありえません。洗顔や化粧水などの毎日のスキンケアはもちろん、規則正しい生活習慣、色々な食材を使ったバランスの良い食事、お風呂で血行改善、定期的な運動で基礎代謝力アップと、総合的に肌に良いことをして、初めて美白を手にいれることができるのです。

一気に全てのことを実行しようとすると大変ですし、続かない人が多いと思います。一つずつでも続けるようにして、自分の習慣となってしまえば継続するのも楽になりますので、時間をかけて自分磨きをするようにしましょう。

無理はいけません!

仕事で帰りが遅くなったりした場合、美容のためにと睡眠時間を削ってまで浴槽に入って、長めの半身浴をしたとして、はたして美肌になれるのでしょうか?

肌というか体を健康に保つために最も必要なのは睡眠です。

せっかくのリラックスタイムでもあるお風呂なのに、時間を気にしては逆にストレスになってしまうのではないでしょうか?

何事も無理は体に悪いので、遅くなってしまった日は軽くシャワーでメイクだけでも落とすという、ストレスフリーな考え方の方が肌には断然良いと思いますよ。

  • <スキンケアの基礎知識>肌の仕組み・肌質・クレンジング使い方・化粧水・乳液・紫外線
  • <スキントラブルチェック>乾燥肌・しわ・しみ・そばかす・ニキビ・毛穴・たるみ
  • <スキンケアに必須・役立つ栄養素>タンパク質・ビタミン・ミネラル・コラーゲン・コエンザイム
  • <スキンケアコラム>風呂で綺麗・アトピー性皮膚炎・新陳代謝