スキンケアに健康な肌は欠かせない!誰でも美肌プロジェクト!【ポーセーヌ】
コラーゲン

コラーゲンで張りと弾力のある肌を保つ

コラーゲンとは肌の仕組みのページでご紹介したように、肌の張りや弾力を維持するために真皮層に存在しております。
コラーゲンは体内で生成されますが、歳を重ねることで生成量が減っていくということを知っていましたか?

コラーゲンの必要性

コラーゲンは肌にだけ存在している訳ではありません。コラーゲンはタンパク質であり、体を構成するタンパク質の30%はコラーゲン性タンパク質だと分かっております。

皮膚や骨はもちろん、臓器や血管の柔軟性を保っているのもコラーゲンなのです。

年齢と反比例するコラーゲン

コラーゲンは体を維持するために必要であり、体内で生成されます。食品に含まれているタンパク質がアミノ酸に分解され、アミノ酸からコラーゲンが作られて、骨や皮膚を作るための原料となります。

人間のコラーゲン生成量はだいたい20歳から25歳を境に減少し始めます。20代と50代の生成量を比べると、半分まで落ちてしまうと言われております。

生成量が減るということは、体内のコラーゲン量も減ってしまうということですので、特に肌の影響が強く出てしまいます。

コラーゲン配合の化粧品の効果は?

「化粧水に含まれた成分が肌の奥まで浸透!」など、化粧品にコラーゲンが使われている製品は多数あり、スキンケアとして利用している人も多いと思います。肌に浸透させるために分子量を小さくした低分子の製品などがありますが、あくまでも角質層までの話です。

真皮層は中から外に水分などが出ることはありますが、水はもちろんコラーゲンなどが外から中に浸透すると言うことはありません。

保湿力を高める効果

化粧品で肌のコラーゲンを補うということはできませんので、減ってしまったコラーゲンは食事にて補給するしか無いのです。

化粧品に含まれているコラーゲンに意味が無いのかというと、角質層の保湿力や張りを保つ効果はありますので、まったく意味が無いということでは無いのです。

真皮層への浸透は薬師法違反!?

化粧品には薬などと一緒に薬事法にて様々なことが規定されております。薬事法の中で基礎化粧品は真皮層以下へ浸透してはいけないと定められております。

これは医薬部外品でも同様に規定されておりますので、真皮層へ影響を与えることができる製品は医薬品のみということです。

紫外線により破壊されるコラーゲン

紫外線のUV-A波は真皮層まで届きます。シミの原因などで知られる紫外線ですが、真皮層まで届いた紫外線はコラーゲンにダメージを与えてしまうそうです。

コラーゲンが破壊されてしまうということは、鉄骨の入っていないビルと同じですので、どんなに水分量が多かったとしても張りが失われてしまうのです。

コラーゲンと同様に真皮層で張り・弾力を保つ役割のある、エラスチンも紫外線によるダメージを受けると言われております。

張りが無くなり弛んでしまい、タルミのせいでシワができ、シミもできる紫外線は女性の大敵といえますね。

コラーゲンを補いましょう!

肌から浸透しないのならば、食べ物からコラーゲンを摂取(経口摂取)するしかありません。

もちろん天然の食材にてコラーゲン成分を補うのが一番ですが、現在ではドリンクやサプリメントなど様々な形の物でコラーゲンを摂取することができます。

コラーゲンが多く含まれている食材とは?

人間の骨、内臓、皮膚などにコラーゲンが多く存在しているのと同様に、動物の軟骨や皮、内臓に多くのコラーゲンが含まれております。

鶏皮や軟骨、高級食材のフカヒレやスッポンなどは有名だと思います。牛すじや豚足、レバーなどにもコラーゲンは多く含まれていますので、飲みに行った際の「おつまみ」としてコラーゲンを摂ってみてはいかがでしょうか。

コラーゲンだけを摂取しても効果半減!?

肌によいからといって、コラーゲンだけを摂るようにしていれば良いのでしょうか? 口から入った食材は様々な成分に分解され、相互で影響しあって体に必要な栄養素を作り出します。

鶏皮や軟骨、高級食材のフカヒレやスッポンなどは有名だと思います。牛すじや豚足、レバーなどにもコラーゲンは多く含まれていますので、飲みに行った際の「おつまみ」としてコラーゲンを摂ってみてはいかがでしょうか。

コラーゲンサプリメントの効果とは?

コラーゲンはアミノ酸を原料として体内で生成されております。コラーゲン成分の入っているサプリメントも、一度アミノ酸に分解されてからコラーゲンとなります。

ではコラーゲンサプリメントではなく、アミノ酸に分解されるタンパク質を摂れば十分にコラーゲンは生成されるのではないでしょうか?

鶏のササミなどが高タンパク低カロリーな食材として有名ですが、タンパク質を多く摂ろうとすると、どうしてもカロリーが気になってしまいます。また毎日豚足を食べるのは難しいですよね。

タンパク質よりもコラーゲン生成が期待できます

コラーゲンペプチドは体内でのコラーゲン生成を促す成分ですので、通常のタンパク質よりも多くのコラーゲン生成が期待できるのです。

できるだけコラーゲン・タンパク質を多く含む食材を食事に取り入れ、あくまでも補助としてサプリメントを飲んで、たるみ知らずのプルプル肌を保ちましょう!

  • <スキンケアの基礎知識>肌の仕組み・肌質・クレンジング使い方・化粧水・乳液・紫外線
  • <スキントラブルチェック>乾燥肌・しわ・しみ・そばかす・ニキビ・毛穴・たるみ
  • <スキンケアに必須・役立つ栄養素>タンパク質・ビタミン・ミネラル・コラーゲン・コエンザイム
  • <スキンケアコラム>風呂で綺麗・アトピー性皮膚炎・新陳代謝