スキンケアに健康な肌は欠かせない!誰でも美肌プロジェクト!【ポーセーヌ】
しわ,シワ,皺

シワの有無が見た目を変える!

人の表情で最も年齢を感じさせるのがシワです。20歳を超えると細かな「ちりめんジワ」が気になりだす人が出てきます。
誰しもが思う「若く見られたい!」を叶えるためには、シワ対策が不可欠なのです。

「しわ」のメカニズム

なぜ皺ができるか知っていますか?若い人に少なく、年齢を重ねることで皺が出来やすくなるのには原因があるからです。

シワのできる原因とは?

若い人でも大きく口を開けて笑ったりすると皺ができますよね。でも、すぐに皺のない元の顔に戻ります。

これは表情筋により作られた皺を、肌の張りや弾力により押し返すことで元に戻るのです。

ハリや弾力が無くなった肌では、深く刻まれた皺を押し返すことができず、癖づくことで無表情でも皺のある顔になってしまうのです。

顔の張りや弾力を失う原因とは?

真皮層にあるコラーゲンやヒアルロン酸により肌の張りや弾力は保たれています。真皮層は角質層にて守られていますが、乾燥肌では角質層のバリア効果が弱いことから真皮層にまで水分不足という影響を及ぼしてしまいます。

また紫外線(UV-A)は真皮層にまで届き、細胞を破壊してしまうということが分かっています。

肌の張り・弾力を失うことで「しわ」ができてしまうことから、「しわ」の原因は乾燥と紫外線だといえるのです。

気になるシワの種類

一言でシワと言っても、いくつかに分類することができます。化粧をしていない状態で、自分の顔にシワが無いか確認してみましょう。

目の下のシワで水分不足を判断

「ちりめんジワ」とも言われる小じわができやすいのが眼の周りです。特に乾燥しやすいうえに、無表情だとしても瞬きはすることから、肌に水分が足りていない目安になるシワです。

おでこのシワは表情筋の衰え?

額にできるシワは、表情筋の動きによりできる、皮膚の折り目が癖づくことででき、「折じわ」とも呼ばれます。目を開くときに額も動いている人はおり、若くい人でもできやすい皺です。

目尻のシワ対策は?

「カラスの足跡」とも言われ、歳を重ねることで目尻から2,3本の深めのシワができます。水分不足という原因もありますが表情筋による影響が大きいため、完全に綺麗にするためには美容整形しか無いと言われております。対策としては化粧水を塗るときに優しくマッサージして、皺ができないようにするかしありません。

「首のしわ」は寝ている時にできる!?

枕の高さの好みは人それぞれです。でも高すぎる枕を使うことが原因で首に皺ができているのかもしれません。

寝ている最中は寝返りをうつことで、常に一定の姿勢を保っている訳ではありませんが、頭の位置が高くなることで、首にどうしても「しわ」がよってしまいます。

せっかく化粧水などで首のケアをしたとして、寝ている時にシワを作らないようにしなければ意味がありません。

もちろん起きている時も、姿勢を正しく保つことで首に出来るシワを防ぐことができます。

口の周りのシワ・法令線(豊齢線)

最も年齢を感じさせるシワとなってしまうのが、笑いジワとも言われる鼻(小鼻)から広角にかけてできるシワです。

笑顔の際にできる折ジワともいえますが、それ以上の頬の「たるみ」による影響が大きいため、表情筋を鍛え、乾燥を防ぎつつマッサージすることで、ある程度は防ぐことができます。

美容整形に頼る前にできるスキンケア!

プチ整形と称してヒアルロン酸やボツリヌス菌(ボトックス注射)を注射することで、シワを解消することはできますが、毎日のケアをしなければ結局は効果が切れることで、同じ場所に今まで以上のシワができてしまいます。

乾燥を防ぐ!

肌の水分量が減ることで張りや弾力が弱くなってしまいます。また角質層は柔軟性を失ってしまうため、折ジワが出来る部分の復元力が無くなってしまいます。

シワといえばクリームとイメージする人がおりますが、クリームは十分な水分量があることで効果を発揮しますので、まずは化粧水や美容液による水分補給量を増やすようにしましょう。

表情筋を鍛える!

シワが表情を作ることを原因としてできるなら、無表情ならシワは完全にできないといえるのでしょうか?答えはNoです!

もちろん部分的にはシワの深さなどで違いが出るかもしれませんが、常に無表情で日常生活を送ることができたとして、その人の人生が幸せかという話になります。

表情豊かに顔の筋肉を動かすことで、頬のたるみなどを減らすことができ、深いシワをふせぐことができます。

マッサージやパックでシワを伸ばす!

折ジワなど癖づくことでできたシワなら、逆に伸ばすこと繰り返すことで、シワが伸びた状態を癖づかせることも可能と思いませんか?

マッサージ用クリームや、シワを伸ばして張るタイプのパックなどを、夜のスキンケアに加えてみてはいかがでしょうか。

繰り返して使えるシリコンタイプの皺伸ばしがありまして、粘着剤などは使用されてなく、シワを伸ばすと共に水分を閉じ込めておく効果もあるそうです。

化粧水や美容液をつけて使うこともできそうなので、簡易のパック効果もあるかもしれませんね。

  • <スキンケアの基礎知識>肌の仕組み・肌質・クレンジング使い方・化粧水・乳液・紫外線
  • <スキントラブルチェック>乾燥肌・しわ・しみ・そばかす・ニキビ・毛穴・たるみ
  • <スキンケアに必須・役立つ栄養素>タンパク質・ビタミン・ミネラル・コラーゲン・コエンザイム
  • <スキンケアコラム>風呂で綺麗・アトピー性皮膚炎・新陳代謝