スキンケアに健康な肌は欠かせない!誰でも美肌プロジェクト!【ポーセーヌ】
紫外線対策

紫外線対策でシミ・シワ知らずの美白肌

スキンケアグッズや化粧品、街を歩いてもネット上でも、とにかく「美白」という言葉ばかりが目につきますよね。「ガングロ」言ってた時が懐かしくなりますが、清潔感なども手伝い色白ギャルが増えてるのは事実です。
美白を維持するために欠かせない紫外線対策について確認してみましょう。

紫外線って何?

夏の日差しの強い日に海で遊んでいたら、体中真っ赤になったことがある人は沢山いると思います。

「紫外線って夏だけ?」「海の近くじゃないと無い?」そんなこと言っている人はもういないと思いますが、目に見えないから紫外線だからこそ常に気を付け無ければいけません!

紫外線の種類

紫外線とは英語でUltravioletという綴りであり、略してUVとも言われます。紫外線には3種類あることをみなさんはご存知ですか?

UV-A、UV-B、UV-Cとありまして、UV-Cは地球を覆うオゾン層にて防がれるため、気を付けるのはUV-AとUV-Bになります。

UV-Aでも皮膚がんの危険性!

UV-Aはメラニン色素を作る働きがあり、日焼けにより肌が黒くなるのはUV-Aによる色素沈着であり、サンタンといわれます。

日焼け止めなどのUV-Aを防ぐ指標としてはPA(Protection Grade of UVA)と表記され、「+」(プラス)の数で防ぐ強さが表されます。普段使う分にはせいぜい「PA+」ぐらいを使い、海水浴や日差しの強い日中に長く過ごす場合には「PA+++」を使うようにしましょう。

ちなみに日焼けサロンやサンオイル(日焼けオイル、サンタンオイル)はUV-B波をカットし、安全に小麦色の肌に日焼けするというものでしたが、近年UV-Aにも皮膚がんを誘発するリスクがあるとうことが研究でわかったそうです。

シミやシワの原因となります

UV-Aは角質層を通りぬけ真皮層まで届くとされ、コラーゲンなどに影響を及ぼします。一度シミやシワが出来てしまったら、元に戻るまでには時間がかかります。日焼けして何年かたってからシミになる場合などもありますので注意が必要です。

真っ赤に炎症を起こすUV-B

日焼け止めなどを塗らずにいて、肌が真っ赤になり酷い場合には炎症を起こし、水ぶくれまでできてしまうサンバーンの原因はUV-Bです。

元々皮膚がんの原因になると言われており、昔から日焼け止めによるUVカットといえばUV-Bをカットするという意味合いが強かったようです。

日焼け止めではSPF(Sun Protection Factor)で表され、何も塗らずに肌が赤くなるまで30分かかる場合、SPF20だと、30分×20で600分(10時間)まで伸ばすことができるとされております。

強い日焼け止めは肌に負担となりますので、普段使う物としてはSPF10からSPF20ぐらいに留めておきましょう。

UVカットスキンケアで美白大作戦!

UV-Aも体に悪い影響を及ぼすということが分かった以上、徹底的に紫外線対策が必要となります。

紫外線吸収剤に注意

化粧下地やファンデーション、美容液や乳液はもちろん、最近では化粧水で紫外線予防できる商品まであります。

しかしUVカット成分が紫外線吸収剤の場合は、紫外線散乱剤に比べ肌に強い負荷がかかるとされておりますので、できるだけ紫外線吸収剤ではなく紫外線散乱剤が使われている物を利用するようにしましょう。

太陽が出ていないからといっても安心出来無い!

紫外線は曇では20%もカットされないそうです。ということは80%以上は紫外線が降り注いでいるということになります。

朝の用意で時間が無く、曇ってるから今日は日焼け止めは塗らなくても〜なんてことは、言っていられないということです。

地域・季節によって違う紫外線量

北海道と沖縄では2倍近くも年間紫外線量が違うと、気象庁から発表されております。もちろん沖縄の方が多くなります。

夏と冬でも紫外線量は違います。紫外線は夏だけと思っている人がいるかもしれませんが、確かに夏に比べると4分の1から、5分の1程度まで量は減りますが、冬でも紫外線は地表まで到達しております。

「冬もUVカットで完璧〜」と言いたいところなんですが、紫外線量が少ないことを考えると、夏に使っているサンスクリーンでは肌への影響が心配です。

弱めのUVクリームや、UVカット効果もあるファンデーションなどが冬の紫外線対策には調度良いぐらいと思いますよ。

目からの紫外線はサングラスで防御

肌に日焼け止めを塗ったとしても、目に紫外線を受けることでメラニンが生成されてしまうことを知っていますか?

肌の紫外線対策は万全!と言っていても、目から入る紫外線により肌にシミが出来てしまう可能性があるのです。

まぶたの皮膚は薄く、目をつぶっていたとしても紫外線の影響を受けるそうです。帽子では紫外線を20%程度しか防げないそうですが、UVカットサングラスなら90%近く防ぐことができるそうです。

夏のファッションにはスキンケアの意味合いも込めて、サングラスを取り入れるようにしましょう。

家の中で紫外線!?

もちろん窓際などにいた場合には、窓ガラスに遮られているとはいえ、紫外線の影響を受けるのは分かると思います。しかし電気をつけなくても明るいということは、太陽の光が反射しているということですので、明かりと同様に反射した紫外線の影響を受けます。屋内では外に比べ10%近くの紫外線を受けるそうです。

照明からの紫外線を心配する人もおりますが、太陽からの紫外線に比べると1000分の1程度らしいです。最近のLED電球などでは紫外線を一切出さないタイプなどもあるそうです。

日焼け止めはすぐに落とす!

紫外線予防になる日焼け止めですが、少なからず肌に悪い影響を及ぼします。本来なら日焼け止めを塗らない方が良いのですが、紫外線を浴びることを考えると、日焼け止めによる影響は微々たるものです。

家に帰ってきたら、できるだけ早めに洗顔により日焼け止めを落とし、化粧水による水分補給をするようにしましょう。しみ対策・美白には毎日の地道なスキンケアが大切なのです。

  • <スキンケアの基礎知識>肌の仕組み・肌質・クレンジング使い方・化粧水・乳液・紫外線
  • <スキントラブルチェック>乾燥肌・しわ・しみ・そばかす・ニキビ・毛穴・たるみ
  • <スキンケアに必須・役立つ栄養素>タンパク質・ビタミン・ミネラル・コラーゲン・コエンザイム
  • <スキンケアコラム>風呂で綺麗・アトピー性皮膚炎・新陳代謝