スキンケアに健康な肌は欠かせない!誰でも美肌プロジェクト!【ポーセーヌ】
美容液

美容液で潤いを閉じ込める!

美容液もスキンケアの定番として定着しつつあります。化粧水が水分補給を主な役割としているのに対し、美容液は保湿のために使用されます。
化粧水プラス美容液で、みずみずしいプルプル肌を保ちましょう!

美容液で美肌・美白を目指しましょう!

化粧水は使ってるけど美容液までは使っていないという人が未だにいると思います。まだ若いから化粧水だけで十分とか、高すぎで買えない! なんてことを言ってる人がいると思いますが、全然そんなことはないんですよ。今日から美白美容液を使って色白美人になっちゃいましょう。

若い女性こそ美容液を使いましょう!

既に多くの女性が使っているとは思いますが、美容液は若い内から使うことで、20代以降の肌が確実に違ってきます。

毎日のケアを大変・面倒と思うかもしれませんが、一度荒れてしまった肌を元に戻すには、それ以上のケアが必要となるのです。

ネットショッピングなどでランキングを見ると、ビックリするぐらい高い美容液もありますが、口コミで人気の高い「ちふれ」などでは1,000円以下で買える物もあります。安い物が悪いということは一切ありませんので、使ってみて「しっとり」とする自分に合った製品を続けて使うことが大切です!

美容液の使い方

化粧水と同じ間隔でジャバジャバ使いたいところですが、高い商品も多いのでジックリ肌になじませるように使いましょう!

美容液を手にとったら、両手をあわせ少し温めてから化粧水と同じように、乾燥しやすい頬、目元、口元から浸透するように押さえるように使いましょう。

乾燥しやすい時期には、重ね塗りして肌に水分を多く補給してあげましょう。

ポイント使いもできる美容液

美容液には油性分が強い製品があります。オイルの力を利用することにより、保湿力が水性(オイルフリー)の物よりも高いという特徴があります。

混合肌の人の場合、乾燥が強い部分には油性の美容液を部分的に使うことをお勧めします。

まずは水性の美容液を顔全体に使い、その後で油性の美容液を気になる部分に乗せるようにしましょう。

美容液パック

化粧水を使ったローションパックと共に、美容液を使ったパックも人気です。顔全体に対して行う場合もありますが、目尻や法令線の部分に対してポイントパックに美容液が適していると言われます。

フェイスマスクタイプなどで、美容液が浸されている製品などもありますが、コットンに美容液を浸して気になる部分に2、3分乗せることでも効果は得られます。

こすったり強く叩いたりするとコットンにより、肌が傷ついてしまう可能性があるので、優しく乗せ美容液成分を浸透させるようにしましょう。

美容液が化粧下地に!?

最近では、「化粧水+美容液+乳液+化粧下地が1本で済む!」なんて便利な製品も出ていますよね。

ファンデーションの乗りが良くなり、メイク崩れを防ぐ化粧下地ですが、美容液でシッカリ保湿できていれば、別で化粧下地をつけなくても済みます。

美容液ファンデーションなんてのも販売されていて、ファンデ同様に色も選べ、肌に優しくUVカット効果もあり人気です。

肌の色ムラを揃えるという目的がないならば、肌の状態を見て化粧下地を使わずに、肌への負担を減らしてみてはいかがでしょうか。

UVカットのメリットとデメリット

季節や天気に関わらず紫外線は降り注いでおりますので、美白を目指している人にとって紫外線対策は欠かせないものです。

美容液やファンデーションなどでUVをカットできる製品も多数ありますが、冬の紫外線量の少ない時期に夏と同じ製品を使うのは避けましょう。

本来美容液は水分補給を目的として使うものですので、余分な成分は肌に影響を与える場合もあります。

しみ・そばかすを消す!防ぐ!?

メラニン色素が沈着することによりできる「シミ」や「ソバカス」ですが、原因は紫外線の影響が最も大きいとされております。

夏の強い日差しの時だけ日焼け止め、UVカットクリームを塗っている人がいるかもしれませんが、美白を目指すには1年中紫外線対策が必要とされています。

でも、いつも日焼け止めなんて塗っていられないですよね。

美白のためにビタミンC誘導体やプラセンタ配合の物、紫外線カット美容液などがありますので、毎日のケアでシミ対策もしちゃいましょう!

シミやソバカスって消せるの?

「消せる」というよりも、ターンオーバーによる「消える」という方が正しいかもしれません。

もちろん美容整形などにより、レーザー治療で消せるタイプのシミやソバカスはあるそうです。

シミなどは新しい肌細胞を作る基底層に紫外線などから細胞を守るために、メラニン色素が大量に発生することで、できると言われます。

基底層からできた細胞はターンオーバーにより、角質を経て垢として肌から剥がれてしまいます。シミとなった肌細胞もターンオーバーを繰り返すことにより、垢として排出されることが期待できるのです。

  • <スキンケアの基礎知識>肌の仕組み・肌質・クレンジング使い方・化粧水・乳液・紫外線
  • <スキントラブルチェック>乾燥肌・しわ・しみ・そばかす・ニキビ・毛穴・たるみ
  • <スキンケアに必須・役立つ栄養素>タンパク質・ビタミン・ミネラル・コラーゲン・コエンザイム
  • <スキンケアコラム>風呂で綺麗・アトピー性皮膚炎・新陳代謝