スキンケアに健康な肌は欠かせない!誰でも美肌プロジェクト!【ポーセーヌ】
クレンジング

クレンジングはスキンケアに欠かせません!

あなたはメイクにどれだけ時間をかけますか? 忙しい朝は時間が足りなく、意外と多くの人が20分未満と答えた調査結果があるそうです。
ではメイクを落とすためのクレンジングには、どれだけ時間をかけていますか?

自分に合ったクレンジング剤でメイク落とし

大部分の女性は毎日化粧をしていると思います。ウォータープルーフタイプの化粧品が出てきて、化粧崩れの心配が少なくなり、メイクを直す手間が減ってきています。

でも化粧崩れしにくいということは……落としづらいということなのです!

クレンジングはメイクと同じだけ時間をかける!

肌に付いている異物は、どんな物でも肌トラブルの原因となってしまいます。多くの化粧品には成分として油が利用されております。もちろん安全性は保証されておりますが、最も肌に良いのはノーメイクです。

しかしスッピンでは「近所のコンビニにも行けない!」と思う人がいるように、現代では化粧をすることは当たり前といえます。

スキンケアは肌を健康に保つために行います。トラブルの原因となる化粧品は、その日のうちにジックリ時間をかけてでも落とすようにしましょう。

オイルクレンジングは乳化がポイント!

クレンジングといえば、オイルクレンジングを思い浮かべる人が多いと思います。化粧品などに使われている油をオイルの力で落とすので、みるみるメイクが落ちていきます。

以前は乾いた状態で使用するのが一般的でしたが、今ではお風呂で濡れた状態でも使える物が増え、値段も手頃なので最も使われているクレンジングと思います。

クレンジングオイルの使い方

マスカラなどの頑固な部分も落とすことができるのですが、ゴシゴシこするのは絶対に駄目です!優しくさする程度で、十分オイルが化粧品の成分を浮かび上がらせてくれます。

顔全体にオイルクレンジングをなじませた後に、ぬるま湯を手にとりオイルと馴染ませることで、白く濁ったような状態になります。これを乳化といいまして、本来ベタつくオイルをすすぎやすくする効果があります。

W洗顔の必要性

きちんと乳化させたクレンジングオイルは、すすぐだけでベタつかなくなります。クレンジングオイルはメイクだけでなく、洗顔料と同様に顔の汚れや皮脂などを取ることもできます。

その状態でさらに洗顔料を使って洗顔した場合は、余分な脂を取り過ぎてしまうという考え方があるそうです。また界面活性剤の利用料が他のクレンジング剤に比べると多いことから、使用を控える人も多いようです。

もちろんこれは肌質によって人それぞれに考え方が違うと思います。自分にあったクレンジング法は、試行錯誤して自分でみつけるようにしましょう。

メイクをシッカリと落とす洗顔料もあるので、肌の刺激を減らしたい人は使ってみてはいかがでしょうか。

でも、オイルクレンジングの後にたっぷりの泡で洗う、ダブル洗顔のサッパリ感が最高なんですけどね〜♪

ノンオイルタイプが人気です!

クレンジング剤で今最も注目されているのが、ノンオイルのクレンジングです。リキッドタイプやジェルタイプなど様々な商品が既に販売されております。

オイルを使っていないからベタベタしないのに、しっかりメイクは落とせるということで、ネットの口コミなどでも大絶賛です。

天然成分配合のミネラルクレンジング

自然派クレンジングとも呼ばれ、界面活性剤などを一切使わずに天然の材料のみを利用しているミネラルクレンジング剤が肌に優しいということで、ノンオイルタイプと同様に人気です。

肌の弱い人でも安心して使え、メイクをしっかり落として、ニキビ予防に良いとされております。

保湿力が強いクリーム、ミルクタイプ

オイルタイプよりも界面活性剤の利用料が少なく、余分な水分、脂分を取らないといことで人気なのがクリームタイプやミルクタイプのクレンジング剤です。

オイルに比べるとメイクの落ちが悪く感じるかもしれませんが、時間をかけることで十分にメイクを落とすことができます。

ポイントで使いたいリムーバー

マスカラ、ラメシャドーなど特に目元のメイクは最も落としづらい部分ですよね。専用のリムーバーを使うことでアイメイクも簡単に落とすことができますよ。

まずはリムーバーでポイントメイクを落として、その後にローションタイプやミルクタイプなど肌に優しいクレンジングで、顔全体のメイクオフという人が増えているそうです。

他よりも薄いといわれている目の周りの場合は、綿棒などを使うのも効果的ですよ。

シートタイプは緊急時のみ!

クレンジングシートは手軽に使え、想像以上にメイク落ちも良いから、使っている人も沢山いると思います。

でも、どうしてもメイクを落とすためにゴシゴシ擦ってしまいがちになりますよね。肌には触れないのが一番良く、こするなんてもっての外です!

でもオイルインタイプの物もあり、優しくふくだけで十分なものもあり、メイクを落とさずに1日を終えるよりは、確実にシート使ってメイクを落とした方が肌には良いです。

シートタイプは、旅行や急なお泊りなど普段しているクレンジングができないシチュエーションで使うようにしましょう。

  • <スキンケアの基礎知識>肌の仕組み・肌質・クレンジング使い方・化粧水・乳液・紫外線
  • <スキントラブルチェック>乾燥肌・しわ・しみ・そばかす・ニキビ・毛穴・たるみ
  • <スキンケアに必須・役立つ栄養素>タンパク質・ビタミン・ミネラル・コラーゲン・コエンザイム
  • <スキンケアコラム>風呂で綺麗・アトピー性皮膚炎・新陳代謝